タグ:言葉 ( 11 ) タグの人気記事

魂と魂

c0236852_06524203.jpg
ヒシゲーさんはいつも素だった。
卑下したり、威圧的になったり、おもねたり、お世辞を言ったりしなかった。
モンゴルに来てね、と一年間の日本滞在を終え家族で帰っていった。
忘れられない人。
カンガルーがあったから出会えた人。
解りあえる言葉を持っていなくても、魂と魂は触れあえることを示してくれた人。
忘れない。

[PR]
by kanrinin-yuko | 2017-03-12 07:02 | たいせつなもの | Comments(0)

コミュニケーション

c0236852_22015916.jpg
2012年8月9日に撮った写真。
わたしの誕生日。
ヒシゲーさんがこれを持ってカンガルーにきてくれた日。
彼女はモンゴル人。
日本語は全くわからず、英語もほぼだめだった。
でもロシア語が流暢。
わたしは日本語と英語が少し。
ヒシゲーさんは英露辞典、わたしは英和辞典。
これをひきながらふたりでよくしゃべった。
毎回、さっぱり意味が通じ合わず身振り手振りで大わらわ。
でも楽しかったなぁ。
スーパー銭湯にも二人で行って、うちにも来てくれたし、彼女のおうちにもおじゃました。
コミュニケーションをとるのに共通のことばがあれば便利だけれど、なくてもだいじょうぶでした。

[PR]
by kanrinin-yuko | 2017-03-11 22:15 | たいせつなもの | Comments(0)

スープで始める

c0236852_07324648.jpg
パソコンに残ってた。
2007年の元旦の日の出。
この景色の中に立っていた日から10年たったことになる。
昨年末に高2のRクンの言った言葉がずっと胸に残ったまま。
今週も始まった。
きのう、作ったスープで朝を始めよう。

[PR]
by kanrinin-yuko | 2017-01-16 07:45 | 日記 | Comments(0)

THE REASON I JUMP

c0236852_07562467.jpg
シュンの部屋から十数冊(もっとかな?)の英語の本がカンガルーの本棚に引越してきました。
The Reason I Jump
作者は東田直樹さん。
彼のコラムはビッグイシュー(最近買ってませんが)でずっと読んでました。
それが「自閉症の僕が跳びはねる理由」という本になり、これはその英訳本です。
人はいろんな性質を持ってこの世に生まれてきます。

「でこぼこな性格をフラットにすることに力を注ぐより、でこぼこなまま生きていける方法を見つけましょう」
ずっと前、精神科のお医者様にお聞きしたことば。
大切にしていることばです。


[PR]
by kanrinin-yuko | 2016-12-05 08:06 | 多読 | Comments(0)

歌会とレッスンと栗と・・・

c0236852_07313300.jpg
紅葉を見にどこにも出かけてないけど。
家からカンガルーまでの遊歩道で楽しんでる。
自然の色はきれいだ。
きのうは午前中が天王寺歌会。
月に1回。
大切な時間。

午後は鴻池新田で英語のレッスン。
元気な子どもたちと。
Cちゃんともゆっくりしゃべった。
わたしはまなざしを遠くまで投げないで、とりあえず今日、という感じ。
しあわせな一日だった。

[PR]
by kanrinin-yuko | 2016-11-19 07:37 | Comments(0)

このさつまいもみたいな場所に

c0236852_08111700.jpg
日曜日に友だちに会ったときにもらった。
ご主人が家庭菜園で作ったさつまいも。
きのうふかしいもに。

カンガルーのホームページのトップページに入れることば。
ずっと考えて考えて日曜日の夜ウェブデザイナーさんにメールで送った。
こうされたらいかがですか?
と受領メールにアドバイスが。
ありがたいです。なるほどな~。

もう少し考えよう。
Kangaroo English Clubが
このさつまいもみたいな場所になればいいなと思ってます。

[PR]
by kanrinin-yuko | 2016-11-08 08:21 | Comments(0)

会いたいです

「会いたいです!」
facebook経由で届いたメッセージ。
会いました。
きのう。
ガリプ、アンディ、シュン、ユウコ
4人でインドカレー。
アンディにカンガルーを手伝ってもらってた時期があって、
それからのお付き合い。もう7、8年にはなるね。

会いたいです

わたしもまわりくどい日本語は使わず素直な日本語を使おう。
外国人の友だちに会うといつもそう思う。


[PR]
by kanrinin-yuko | 2016-10-17 07:56 | Comments(0)

夜は、待っている。

c0236852_09101572.jpg

「会いたいから来ましたよ」と、そう言って会った。
それが、いちばん自然だったので、そうなった。

「夜は、待っている。」(糸井重里)より

カンガルーにもときどきこう言ってやって来てくれる人がいる。
うれしい。


[PR]
by kanrinin-yuko | 2015-07-07 09:15 | Comments(0)

私もたまねぎのようなものだ

c0236852_921683.jpgしあわせの隠れ場所
原題はThe Blind Side
この映画は大好きで、図書館で借りて時々見る。

サンドラブロックがとにかくかっこいい。

「彼はたまねぎのようなものだ。一度にひと皮ずつ、むいていかなくちゃ。」
He is like an onion, you have to peel it one layer at a time.
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-04-30 09:22 | Comments(1)

たまには英語の詩

If I can stop


If I can stop one heart from breaking,
I shall not live in vain;
If I can ease one life the aching,
Or cool one pain,
Or help one fainting robin
Unto his nest again,
I shall not live in vain.


© Emily Dickinson. All rights reserved
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-03-15 21:01 | Comments(0)