<   2014年 11月 ( 17 )   > この月の画像一覧

一篇の詩を持ち寄る会

中学校を卒業するとき、サイン帳にメッセージを書いてもらった。
先生用と友達用を用意して。
体育の先生だったタカハシモトコ先生のメッセージはことにうれしく、
落ち込んだときやピンチの時には何度もタカハシ先生のページを開いた。

とても明るいです。

この一文から始まり

今後のあなたに期待します。

この一文で終わっていた。

先生の短い詩のようなメッセージは諳んじるほど読んだので、
50を過ぎた今でもときどき心の中で繰り返す。

言葉には力があり、時を越えて、いつでも自分に何か温かいよくわからないものを注いでくれる。

カンガルーで「一篇の詩を持ち寄る会」を来春から月に一度できたらいいな、と思ってる。
自分の好きな詩をひとつ持ってくる会。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-30 09:28 | Comments(0)

カンガルーの音読発表会で

舞台に椅子をひとつ。
客席に向かってまっすぐに置くのではなく少し斜めに。
そこに座って膝にひざ掛けをひろげ、
小さな妹に読んであげるみたいに音読したら?

彼女にそう言ったのはもう5、6年も前。
その後しばらくして彼女はカンガルーを離れた。

今、中3になっていて、会うことはないけれど、
彼女のお母ちゃんには会うので、ときどき話を聞く。

思春期の子どもたちは親にとってとっても難しい。
手に負えないと思うことも、
もう親をやめたいと思うこともある(私にはあった)。

私も、息子のことで10年ばかりずっと気持ちがわさわさしていた。
でも、今、平穏です。

舞台に椅子をひとつ。
そこで彼女が読んだ本の名前はもう忘れた。
Mちゃんの音読は温かだった。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-29 06:29 | Comments(0)

教室で

1週間に一度、さっちゃんはやってくる。
Mさんに抱かれて。
Mさんが英語の本を借りに来てくださるようになって1年ほどかな。
今年7月にさっちゃんはこの世界にやって来た。

ふわっ、とさっちゃんは母ちゃんの腕の中から私の胸元にやってくる。
う~ん、最高に幸せな瞬間。
さっちゃんはどんな世界をこれから歩いていくのだろう。
この小さなてのひらで何を掴むのか、
この清んだ目で何を見るのか、
この小さな足裏で何を踏みしめてゆくのか。

どんな香水にも負けない甘やかな香を放ち、
彼女は毎週少しの間、私に決定的な何かをくれるのだ。

さっちゃんが発する初めての言葉はなんだろう。
シュンが発した初めての言葉はなんだったのだろう。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-28 07:46 | Comments(0)

healthの語源はheal

c0236852_9534984.jpg

おともだちのりりんさんのFBにきのう書いてありました。

「ハグをするとき、手は背中にまわります。
背中は愛を受け取るところだと、友だちが教えてくれました。」

背中は愛をうけとるところ
自分の手はうまく背中に回りません。
でもだれかが私の背にそっと手をあててくれただけで、
温かな安心感が広がります。

絵本にも同じような力を感じます。
ひとりカンガルーの部屋にいるとき、
本棚から一冊本を持ってきてゆっくり読んでみます。
ほこほこしてきました。

今日もまた何か一冊開いてみます。
この写真は2012年夏に撮った一枚。
本棚は今はもうぎっしりです。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-26 09:57 | Comments(2)

おだやかな連休

日曜日
午前中は中学生と勉強会。
そのあといのこだにから南千里駅まで歩いて午後は千里図書観の催し物へ。
通りがきれいできれいで・・・

c0236852_6452423.jpg
c0236852_6454168.jpg
c0236852_6455254.jpg


昨日の月曜日
午前中はまたまた中学生と勉強会。
そのあと父に会いに行ってふたりでアベノハルカスに行くことになってしまいました。
55分待ち。
待つのが苦手な私ですが、父は、ひとりでも待つよ、と言うのでいっしょに長蛇の列の最後尾へ。
c0236852_6482017.jpg

c0236852_6513869.jpg


家への帰り道、おだやかな空が広がってた。
あ~、のんびりの連休。
c0236852_6525373.jpg

[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-25 06:49 | Comments(0)

久しぶりの商業相談

昨日は自分の中にずっとあるひとつのプランを動かしたくて市役所へ。
数ヶ月ぶりのナカボウ先生との商業相談。

My plan is moving. I feel refreshed.

何かのきっかけを欲しいとき、その分野を専門とされる方に話してみるのはいい。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-21 08:24 | Comments(0)

~すべきだった

もっと~すべきだった。

こんなふうに言いたい場面によく出くわす。
英語でどう言えばいいのかとっさに出てこず、いつもちがう言い方にしていた。
たとえば。
「TOEICの点数悪かった。もっと勉強しておくべきだった」と言いたいときに、
「あんまり勉強しなかったから、TOEICの点数、よくなかったよ」、みたいに。

My TOEIC score was bad. I should have studied harder.
こう言えばいいのですね。

~するべきだった(のにしなかった)、~すればよかったのに(しなかった) と言いたい時
should have + 動詞の過去分詞形 を使います。

このフレーズ日常的によく使います、私は。

I should have called him more.


[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-20 07:27 | Comments(0)

I miss you.

高倉健さんがお亡くなりになっていたとの昨日のニュース。
いかにも健さんらしい最期。

昨日、Sさんとまた長い間おしゃべりしていた。
ひとつカンガルーでやってみたいなぁ、と思ってることがあって、
それについて、Sさんに聞いてもらった。

年内にできたらいちどやってみよう。
その後はそれをたたき台にしてうまくいくなら続くだろうし、
だめならそれで終わってしまうかもしれないけれど・・・

この世の日々には期限が切られてるのだ。
50代も半ばになるとそのことを思い知らされることが度々起こる。

I am just feeling lonely. That's all. I am OK.

ちょっとさびしくなっただけ。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-19 08:54 | Comments(2)

私たちは絶対にヨリをもどすことなんてない

We Are Never Ever Getting Back Together

英語は聞いて読んで楽しみながらやるのがいい。
歌はおススメ。

私たちは絶対にヨリをもどすことなんてない。

この歌のタイトルはそういう意味。
朝から一曲歌ってみると気持ちよく一日をスタートできるかも。
Taylor Swiftの歌は日本人にも歌いやすいですよ。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-18 08:09 | Comments(2)

ひとりピクニック

c0236852_7491128.jpg

遠くに行かなくてもいい。

c0236852_7495454.jpg

自然は一本一本の木にある。

c0236852_7503587.jpg

こんな小道が呼んでくれる。

c0236852_7512298.jpg

小さな滝もある。

c0236852_752216.jpg

そしてバラ園が待っててくれた。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


昨日は家にあったパンを持ってお昼に散歩。
家から歩いて15分ほどのところにある片山公園へ。

テツもシュンも仕事でひとりの日曜日。
片山公園でひとりピクニック。
ずっと考えてたのは、今年の秋、突然いなくなってしまった友だちのこと。
2歳年下の弟みたいな友だちだった。
ずっと会ってなかったけどずっと私の中にいた。
10月24日の夜、あんなかたちで再会するとは思ってもみなかった。

いちぬけた
そんなとこ?
[PR]
by kanrinin-yuko | 2014-11-17 07:59 | Comments(0)