<   2013年 12月 ( 30 )   > この月の画像一覧

大晦日になった

c0236852_7295275.jpg今年のお正月も義母の家から始まった。
2日は夫と橿原神宮へ。この写真はそのとき撮ったもの。
私の母の実家がここの近くにあったので、幼い頃の初詣は毎年ここだった。
昔を懐かしむ、そんな一年でもあった。

2013年…
◎Kangaroo English Clubを開け続けることができた
◎カンガルーのみなさん、友だち、私たち家族、いろんなことがあったにせよ元気に今日を迎えた
◎外国人や日本人、さまざまな人と会ってたくさん話した
◎シュンがバイトだけれど働き始めた
◎テツとこれからのことをじっくり話せた
いい一年だった。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2014年は今年同様の日々を紡ぎながら、一つ新しいことを始めたいと思っています。
これからもどうかよろしくお願いします。
みなさま、よいお年をお迎えください。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-31 07:49 | Comments(0)

思い出の場所

きのうは、松原に住む父と母に会いに出かけた。
父にはお正月4日にはまた会えるのだけれど、母はそこには体調の加減で参加できない。
少し早い挨拶もかねてテツと出かけた。

お昼ごはんに近鉄でお弁当を買っていき、楽しい、というか、
あいかわらず父にはガミガミと言ってしまいながらの昼食会。

でも、私が19歳のとき46歳で亡くなってしまった実母を思うと、
昭和9年生まれの父は今も元気なのだから、
やっぱりシアワセなことなのだ、と思う。

1時半ごろ父母とさよならして、その足で此花区の千鳥橋まで行った。
ここはテツと私が結婚してまず住んだところ。
吹田に越すまで2年ほどいた場所だ。

当時住んでいた公団はそのままあり、でも、あたりはずいぶん変わっていた。
買い物をしていた四貫島商店街にも行ってみた。
魚屋さんは見つけられなかったけれど、八百屋さんはそのままあり、
ヤマダさん(テツと私共通の知り合いです)そっくりのお店の兄ちゃんも、
歳をとっていたがあいかわらずヤマダさんだった。

そう言えば、銭湯もあったなぁ、とテツが言う。
私はもうすっかり忘れてしまっていたけれど、たしかにまだその銭湯はあり、
なら、入って帰ろう、ということになった。タオルを商店街で買って。
30分ほどお風呂にいた。
テツと結婚して29年目。いい相棒だと思う。

夜は東梅田駅近くのお寿司屋さんで、シュンと集合。
家族3人でお寿司をたくさん食べた。
思い描いたようなじんせいだったのかどうかはわからない。
どんな人生を思い描いていたのかもう思い出せない。
でも、いい毎日だ、と、銭湯で思ってました。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-30 08:01 | Comments(0)

三平方の定理でしめた

c0236852_8445897.jpg今年最後のカンガルーのレッスンは中3生のH君と。
三平方の定理問題で締めくくった。
きれいな定理。
人生はなかなかこんなふうに割り切れないけれど。

わが家は3人家族がそれぞれ頂点を作る三角形家族。
直角三角形などまずない。
だいたい辺を作れない日が長らく続いた。
でも、今年はいつもと少しちがってた。
もう、三角形を作ることにこだわらなくてもいいのだ、と思う。
今年もあと今日をいれて3日。
ふりかえってみると、いい一年だったな。

きのうは友だちと忘年会。
カンガルーの同じフロアにある潤さんで。
熱燗とあて。粕汁も出していただいてとってもあったまり、とってもおいしかった。
ご近所友だちとシアワセな夜だった。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-29 08:54 | Comments(0)

勉強しよう

c0236852_7261168.jpg昨日、朝10時から、いのこだに教室で小6の勉強タイム。
冬休みの宿題を持ってきた3人がせっせとやってる。
ときどき質問もされる。
「しょうじ、ってどう書くん?」
障はわかったけれど、「じ」が出てこない。
う~ん、と考えてもやっぱり思い出せない。
辞書に助けてもらった。

パソコンや携帯で文章を打ち込んでいると、
だんだん漢字や英語の綴りが正確に書けなくなってくる。
これはなかなか悲しい。
携帯もパソコンも電気がいる。
壊れることもある。
やっぱり最後は自分の頭だ、と思う。
きのう、「障子」にたどり着けたとき思ったこと。
来年は勉強しよう。
せっせと鉛筆を動かす小6たちを見ていて思った。

やってみたい勉強があってそれをスタートするにはいい年になるかもしれない。

今年、私のところにもサンタさんはやってきた。
シアワセ~
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-28 07:25 | Comments(0)

日々いろいろあり

眠い。寝よう。いろいろ考えるのは…また明日に。
今日帰ったら、ベンジャミンからメールが届いてた。
とりあえず銭湯制覇した、らしい。
かなり恥ずかしかった、らしい。
ひょっとしたら、またうちに舞い戻ってくるかも、らしい。
ハプニングが起こるから、生きてるのはおもしろい、と思う。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-26 23:31 | Comments(2)

みんなそれぞれの場所へ

facebookを見てるとクリスマスホリデーに入り、みんな動いてる。
タイランドに帰国したガリプは家族でスペインへ。
ゼンユーは日本から韓国経由で中国へ帰国した。
アメリカで暮らすエドワードはパナマのご両親の家へ。
ルル(ミャンマー人)は日本でイタリア人のご主人と暮らしてるのだけれど、
結婚式を挙げるためにミャンマーへ発った、とある。
ミャンマーでの結婚式の写真もとってもきれい。
サホリは日本には戻らずパラオでお正月を迎えるようだ。
みんな楽しいホリデーを。
また来年元気に帰っておいで。

シドニーからわが家に遊びに来ていたベンジャミンは、今日、Perfumeのコンサート。
東京で安い旅館を見つけたらしくそこに泊まってる。
お風呂やさんが何軒か近所にあるロケーション。

ベンジャミン、気が向いたら、日本の銭湯を試してみて。

さよならする日にそう言っておいた。

きのう、メールが届いていて

優子ちゃん、ごめんなさい。銭湯まだです。

彼は私のことを「ゆうこちゃん」と呼んでくれる。
そしてとても律儀だ。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-25 08:05 | Comments(0)

プレゼント

c0236852_8182646.jpgカンガルー教室を手伝ってくれてるTungからもらったクリスマスプレゼント。
お手製のクッキー。
おいしかった。

彼に出会ったのはかれこれ4年ほど前かな?
谷九の国際交流センターに私が出した貼紙をみてメールをくれたのだ。
とても教え方が上手で、人に接する態度にも優しさが溢れてる。
彼の持って生まれたものなのだろうと思う。

人との出会いは不思議。
その人との時間が思いがけず人生を深いものにしてくれることがあって、
今年は特にそのことを強く思った。

怖がらずに会いたい人には会ってみよう。
そこに生まれる風にただただ吹かれてみよう。
来年もこのスタンスでやっていけたらいいな。
クリスマスイブです。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-24 08:26 | Comments(0)

ベンジャミンとデート

c0236852_6392364.jpgきのうの午後、ベンジャミンと梅田へ。
彼の大きなスーツケースをコインロッカーに預けて、デパートに行きました。
すごい人でビックリ。
歩きつかれてスタバで休憩してから中之島へ。
光のルネサンス会場は人・人・人。
いろいろおしゃべりしながら、二人で長い長い散歩になりました。
ベンジャミンは本当に優しい若者です。
私にとってはシドニーにいる息子だな。
7時半にマルビル集合でテツ、シュンと合流しベンジャミンのさよなら会。
鍋を囲みました。
彼のいた1週間が今年の私へのクリスマスプレゼント。
彼がポラロイドカメラで撮ってくれた写真と彼の直筆メッセージ。
大切にします。
最高の贈り物です。
ありがとう。
またいつでも帰ってらっしゃい、ベンジャミン。
あと1時間くらいで東京ですね。
あさってのPerfumeライブ。思いっきり弾けておいで~。

さぁ、今日はカンガルーのクリスマスパーティです。
頼もしい中学生助っ人2人が急遽決まりうれしい限り。
子どもたちと楽しんできます。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-23 06:47 | Comments(2)

じっちゃんからのエアメール

きのう家に帰ると、エアメールが届いてた。
アメリカのワシントン在住のじっちゃんから。
彼女は大学のときの同級生。
かわいくて頭がよくて自分でさっさか動ける大学生だった。
私たちが通っていたのは夜間大学。
いつも地下鉄御堂筋線の千里中央駅方面のホームで待ち合わせて、
一緒にせっせと大学に通った。
彼女は優秀な学生だった。
私は落ちこぼれだったけれど、どうにか卒業できたのは彼女の存在が大きい。
じっちゃんも私も働きながらの5年間だった。

アメリカでの生活も7年目となり、とある。
着物で集う会などを企画して楽しんでいる、とある。
やっぱりじっちゃんはじっちゃんだった。
アメリカで、彼女らしく家族を愛し日本を愛し生活を楽しんでいた。

「すけさんの生き方にとても良い刺激を受けています」
ありがとう、じっちゃん。
私も日本で自分の身の丈に合った人生を紡いでいきたいと思ってる。
お互い、今を楽しみつつ来年も元気にやっていこうね。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-21 07:13 | Comments(2)

ベンジャミンとアンバー

c0236852_71571.jpgベンジャミンがシドニーからやってきたのはこの前の日曜日。
5年前にうちで10日間ほどステイした彼の再訪である。
気持ちの優しい好青年。
今回の来日は25日の東京ドームのPerfumeライブのためらしい。
将来のこともいろいろ考え悩んでる彼と話してると、母のような気持ちになってしまう。
私のことをユウコちゃん、と呼んでくれるかわいい息子です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

きのう3時半ごろカンガルーのドアが開いた。
アンバー(カナダ人)が来てくれた。
今年の夏?、英語の絵本を読んでもらうイベントをしたとき、
彼女が読んでくれたのだ。
きのうは岸辺駅前のパン屋さんであんドーナツを買ってきてくれた。
あんこが大好物だという。
2時間ほどおしゃべりして帰っていきました。
楽しい時間をありがとう。

★今日は、月に一度の歌会の日。
いのこだに教室はお休みしています。
ご迷惑をおかけしますがよろしくお願いします。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-12-20 07:25 | Comments(0)