<   2013年 08月 ( 20 )   > この月の画像一覧

最高の8月だった

c0236852_21452216.jpg8月ラスト。

新聞に載った
父がニューギニアへ出かけた
造影剤を入れる検査を受けた
カンガルーで弟夫婦、妹夫婦と私たち夫婦みんなで飲んだ
住道アクロスにさよならした
すてきな人に出会えた
誕生日があった
サホリがパラオへ行った

緑のカーテンは失敗に終わった。
でも、またこれもよし。

最高の2013年8月が終わってゆく。
ありがとうございました。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-31 21:47 | Comments(0)

関電病院は超きれいでホテルみたいだった

7月に受けた人間ドックの結果が8月の頭に届き、肝臓で引っかかった。
ずっと前から肝血管腫だと言われていたので、精密検査はパスしようかと思ったけど。
「ゆっくり英語」に参加してくださってるSさんに話すと、精密検査は受けたほうがいいですよ、とおっしゃる。
自己判断は避けたほうがいいです、と。

Sさんは私にとっては年齢的にも母のような存在で、
彼女のこのひと言で即梅田のクリニックでCTを受けたら・・・

念のため造影剤を入れてCT検査を受けてみましょう。
これではっきりしますよ、と先生が関電病院への紹介状を書いてくださった。

ゾウエイザイ。
あ~、なんだか怖くなってきた。
シュンがネットでどんな検査か調べたら、と言うが、
調べて怖いことが書いてあったらもうダメだ。超怖がりなので。

きのう、造影剤検査を関電病院で受けてきた。
たまたまテツが振り替え休日で、つきあってくれた。
とてもきれいな病院でスムーズに検査終了。
静脈注射で造影剤を入れるのだけれど、全く苦痛を伴う検査ではなかった。
詳しい結果は月曜日。
帰り道、梅田のクリニックによると、心配することはないでしょう、と先生。
結果はすぐにFAXで関電病院から梅田のクリニックに届いていたのだ。

通信網が発達していることに感謝した昨日となった。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-30 07:32 | Comments(4)

住道カンガルー 終了です

昨日、住道アクロスでのカンガルーレッスンは最終でした。
いろんなことがあったみんなとさよならしました。
みんな素直で元気な子どもたちでした。
ありがとうございました。

なので、
9月からは水曜日もいのこだに教室は夕方まで開いています。

今日は、私の都合で申し訳ないのですが、夕方5時にオープンします。
今頃の掲載になりすみません。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

父が昨日の午後、パプアニューギニアから無事帰国したようです。
まだ声は聞いてないのですが。
とにかく、ほっ。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-29 07:07 | Comments(2)

誰かのことば

c0236852_6472650.jpg今朝6時15分くらい。
テツに呼ばれて外に出てみると、こんな空が広がっていた。
きれいなうろこ雲。
秋だ。
秋になった。

ずっと前、鳥取のみずたまり歌会で、イケモト先生が、
「今は真冬。寒い寒い毎日ですが、空はもうどんどん春になってますよ」、と。
春の星座の話題になった。

春の星座のことはぼんやりとしか憶えていないけれど、
先生のこの言葉は今でもずっと心の片隅にある。

移ろう自然、誰かのことば・・・

私を支えてくれるもののベスト5のうちのふたつ。
今日もいいお天気。
洗濯が気持ちよく乾きそうでうれしくなる。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-28 06:55 | Comments(2)

どこにいても 何をしていても

父がニューギニアに出かけてる間、母は特養のショートステイへ。
一昨日の日曜日、母に会いに行ってきました。
とてもきれいな建物でゆったりした構造。
職員の方も親切。
お昼ごはん時だったので、食堂で母と一緒に持っていったハンバーガーを食べました。

私は実母とは19歳のときに死別。
私が結婚した後、父が再婚。
なのでこの母と一緒に暮らしたことはありませんが、楽しい人なのです。
2時間ほどおしゃべりしてさよなら。

特別養護老人ホームと呼ばれるところを訪問したのは初めてでした。
帰りの電車の中でいろいろ考えてしまいました。

ずっと昔、当時、オーストラリアにいた友人からもらった手紙に
「どこにいても、何をしていても、生きていくのは大変です。」
と書いてありました。
ほんと。
どこにいても
何をしていても
生きていくのは大変です。
でも、だからおもしろいのでしょう。

今日のカンガルー「英語の間」には小1男子が入ってくれます。
楽しみだなぁ。どうなることか。
7歳から53歳までが英語で・・・面白い時間になることだろうと思っています。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-27 08:27 | Comments(0)

キミにはほんとうに助けてもらった

c0236852_7223774.jpg息子が小学校に入る2ヶ月ほど前に、引っ越し祝いにもらった洗濯機。
息子は今27歳なので、つまりは21年ほどわが家族のために毎日せっせと働いてくれた。
いろんなことがあった21年間を彼は脱衣所の片隅で見ていてくれたことになる。
今年の夏が始まる頃からエラー表示を頻繁に出しては止まるようになった。
ついに買い換えることに。
先週金曜日にヨドバシで新しい洗濯機を買い、一昨日の朝、新人クンはやってきた。
一昨日の朝、この洗濯機で最後の洗濯。
驚いたことに一度もエラー表示をせず最後の最後まで彼は働ききったのだ。
ありがとう。ありがとう。
私の洗濯機クン。キミにはいろんなものを洗ってもらったのですよ。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-26 07:23 | Comments(2)

今日が始まる

中学生との早朝勉強タイムも今日と明日で終わる。
月~木、4時起きで5時過ぎに家を出て6時~7時半まで中学生たちと、
8時~は小学生女子二人と過ごしたこの夏休み。
楽しかった。

せっせとやってきてくれた子どもたちに感謝。

お店を開いてすてきな人たちとの出会いがあり、
生きていることの不思議さを感じている今日この頃。
昨日の午後、英語の間。
たくさん話して満足。
ご参加くださったCさん。ありがとうございました。
次回お目にかかれるのを楽しみにしています。

夏が少しずつ終わっていきます。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-21 04:31 | Comments(2)

まだまだ暑いけれど

父が明日の午後成田からパプアニューギニアへ発つ。
ビックリしたのは大阪から東京まで夜行バスで行くということ。
今夜、大阪をバスで出て明朝新宿に着くという。
お風呂で汗でも流してから集合場所まで行くよ、と言う。
見送りには行かない。
昭和9年生まれの父。元気で行ってらっしゃい。

父は驚くほどの健脚で、住んでる大阪松原市から四天王寺まではよく歩くのだと言う。
息子はときどき吹田の自宅から梅田まで歩く。
父の血、だな。

父の父が戦死したのは終戦の1年前だったらしい。
ビアク島でどんな死に方をしたのかはわからないけれど、
祖父の骨はまだその辺りに眠るはず。

いよいよ今年の夏も最終章。
子どもたちもそろそろ夏休みの終わりが見えてきた。

みなさん、いい夏でしたでしょうか。
私にとってはいろいろ考えた、とても思い出深い、幸せな夏になりそうです。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-18 08:53 | Comments(0)

商業相談と歌会はどこかとても似ているものだった

c0236852_754451.jpg毎年、特にここ数年。
お盆が終わると一気に時計が回りだす感じがする。
10月スタートのスケジュール帳と3色ボールペンを買いました。
今回のスケジュール帳は週間タイプ。
今までのは月間タイプだったので、スケジュール的には少し密な感じになってきたということかも。
先日の商業相談でN先生が、「ボクのアドバイスはあまり聞かず独自路線やったなぁ」、と。
たしかに。ビラまきはじめ先生からおしえていただいたいろんな宣伝はほとんどしませんでした。
自分のできることしか私はできません。頑固やなぁ、とも思いますが、それが私なので仕方ないです。
でも、N先生には数ヶ月に一回会って、話を聞いてもらって、自分の足下を自分で確認したいです。
と、ここまで書いてきて気づいたことがひとつ。商業相談と歌会は似ているということ。
短歌を詠むのも、読むのも。私にとっては自分の足下を確認できるとても大事な作業です。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-17 08:03 | Comments(0)

市役所からヨドバシカメラへ

昨日午後1時から2時まで。市役所へ商業相談。
N先生にお会いするのは数ヶ月ぶり。
亥の子谷を載せていただいた朝日新聞を持っていきました。
今は相談するというより自分の考えを聞いてもらってる、といった感じ。
先生に頷いてもらえると自信が沸いてくるのだ。
ええ感じやなぁ、と先生に言ってもらった。
次回の商業相談は12月。
4ヶ月でこんな感じにしたいという小さな目標設定もでき、行ってよかった商業相談でした。

商業相談の後は梅田のヨドバシへ。
息子と待ち合わせていました。
そろそろ冷蔵庫と洗濯機の買い替え時なので。

洗濯機は21年目。
冷蔵庫は14年目。

昨日は下見。
予算と相談しながら洗濯機から買い換えよう。
次の洗濯機には人生の最後まで付き合ってもらえるかも知れず、
ならばよくよく考えて下調べもして決めないと。
[PR]
by kanrinin-yuko | 2013-08-16 07:01 | Comments(2)