つながってる

c0236852_08035273.jpg
会った時間を全部積み上げてもたぶん半日にもならない。
どうしてゆきこさんはわたしを泊めてくれたのだろう。
ゆきこさんがカンガルーに初めてやってきたのは2年半くらい前だったろうか。
「何をやってらっしゃるの?」、と声をかけられたのが始まりだった。
横浜在住の彼女とわたし。
メールや手紙を頻繁にやり取りしたわけでもない。
なのにこの前の土曜日、ゆきこさんのおうちでわたしはとってもくつろいでいた。
スタンドがいくつもある家。
譜面台がリビングに立ってる家。
チェンバロがあった。
リコーダーも何本も。
日曜日の夕方、山下公園のベンチでtears in heavenをふたりで歌った。
軽やかなステップも見せてもらった。
歌う人
踊る人
語る人
ゆきこさんのことはひとことでは言えないなぁ。

[PR]
by kanrinin-yuko | 2017-02-21 08:17 | 日記 | Comments(0)
<< 目を凝らさないと見えないもの お金では買えないもの >>